本文へ移動
児童養護施設 愛泉寮

0480-61-0341

第34号(2019年3月発刊)

わたしのたからものは、ピンクのランドセルです。りゆうは、学校にしかもっていけないし、一年から六年までしか付けないからです。だから、たいせつにつかいます。
小学1年生「たからもの」
ぼくのしょう来のゆめは大工さんになることです。いろいろな道具を使っているのですごいと思います。そして、たのまれた家を作っている時に、ときどき見かけてすごいなと思いました。大工さんは算数がじゅう要なので算数をできるだけがんばります。
小学4年生「大工さん」 
僕は今進路について悩んでいます。これからどういった道に進んでいくのか考えている所です。まずは、高校受験を頑張って高校に行けたら、そのあとの進路について考えられるようにしたいです。夢をみつけられるように頑張りたいです。
中学3年「進路・夢について」
私の将来の夢は看護師になることです。去年まではずっと公務員になりたいと思っていましたが高校の担任の先生に看護師にむいていると思うと言われて看護師について調べてみると、看護師になるのもなってからもとても大変そうだけどとてもやりがいがあって人の役に立てる仕事だと思いました。今から勉強をしっかりとして、推薦がもらえるように頑張りたいです。また、自分の年から大学入試の試験内容などが変わるので対策などをして夢に向かって努力していきたいでです。
高校1年「将来の夢」 

第33号(2018年3月発刊)

ぼくのしょうらいのゆめは、けいさつかんです。けいさつかんは、まちをまもっていてかっこいいとおもったからです。あとせかいをまもっているからなりたいです。なれるようにがんばります。
小学1年生「しょうらいのゆめ」 

ぼくは、7月からサッカーを習い始めました。最初は何もできなくて、何も考えていなかったけどなれてくると楽しくなりました。そしてわからないことがあるとチームの子が声をかけてくれて助かるしうれしいです。ゴールした日は、うれしかったです。そして、優秀選手にも選ばれてこれからもがんばろうと思いました。
小学4年生「がんばった事」
 
私の今年の目標は二つあります。一つ目は、部活です。初めての後輩ができるということで去年は部活に休まず行き、先輩から教わったことをプレーに移すことを大事にしていますが、今年は後輩にいろいろなことを教えつつ、自分のプレーをみがいていきたいです。
二つ目は、勉強です。来年は受験生になるので、少しずつ準備していきたいです。
中学1年生 「今年の目標」

私には、十年先に叶えたい夢があります。それは望みに関わってきた人たちが気軽に集まり楽しめる場所を作り、提供していくことです。私は愛泉寮に入所してからこれまでいろいろな人に迷惑をかけてきました。今振り返るとたくさん喧嘩し、たくさん悪さをし、たくさん反抗してたくさん傷つけてきました。それでも、支えてきてくれた人に恩返しをしたいと思ったことが私の夢になるきっかけでした。
今は、まだ望みの家に遊びに来ても年々と知っている子たちは退所していってしまい、だんだんと集まれなくなってしまいます。なので、私がイタリアンの料理店で修業をし、店を建てることで望みの大人も子供もみんなで集めれる場所を作りたいです。その夢にたどり着くには、勉強も修行も資金も必要ですが、今まで迷惑をかけてきた分、みんなに喜んでもらえるよう精一杯、頑張ります。私は、望の家の一員になることが出来て幸せです。
 
高校3年生「十年後の夢」

第32号(2017年3月発刊)

ぼくはホンダの会社に入りたいです。理由はおばあちゃんがホンダの会社で今もはたらいているからです。もう一つの理由はハイブリットカーにきょうみをもって調べてすごいと思ったからです。だからべんきょうとうんどうをがんばりたいです。 
小学3年生 「ぼくのゆめ」

わたしのしょう来のゆめはパティシエです。なぜパティシエにになりたいかというと、ようち園のころからおかしが好きだったからです。パティシエになってみんなにおいしいケーキを作ってあげたいです。そしてみんなによろこんでほしいです。パティシエになるために、もっと上手におかしを作れるようになります。
小学4年生 「パティシエ」
 
わたしの大切な物は一輪車です。なぜかというと、平成28年に、お母さんとお父さんにもらったからです。これからもいろいろな技をやって、一輪車を大切にしようと思います。
小学3年生「大切な事」

僕の宝物は二つあります。1つ目は服です。理由はお父さんに誕生日プレゼントで買ってもらったからです。2つ目はグルーブです。理由はずっと野球で使っていたグローブだからです。これからも大事に使っていきたいです。 
中学1年生 「宝物」

明日が必ず来るとは限らない、1分前だって1秒前だって戻ってこない。後悔しても仕方がない。という思いでここまで生きてきました。過去を振り返らず、前を見て生きていくことが自分の中で格好良い生き方だと思い込んでいました。しかし振り返ることは後悔ではなく成長するということに気付きました。過去に体験したことを糧にして未来を作りかえることだってできます。未来の自分ファイト!
高校3年生 「未来への手紙」

僕の人生の半分はこの愛泉寮で過ごしました。血の繋がっていない人たちと毎日のように一緒にご飯を食べ、毎日のように一緒の屋根の下で眠りに就く。きちんと決められた時間やルールの中、毎日を過ごすのは自分にとって不自由そのものでした。けど愛泉寮を出て巣立とうとするこの瞬間、この生活をしていて良かったと感じる。みんなにも分かる時が必ずやってくると思う。
自分は間違いを沢山してきました。その度に自分を叱ってくれる大人たちがいたことに巣立つこの瞬間だからこそとても感謝しています。
愛泉寮に残るみんなには、今までの時間、そしてこれからの時間、どちらも大切にしてほしい。僕の愛泉寮での9年間という長い時間と大切な思い出や出会った人達が、今の僕を作ったし、これからの僕も育てていく。
高校3年生 「僕の在るべき形」

第31号(2016年3月発刊)

私のしょうらいの夢はすしやさんです。理由は、いなりずしを作っているときにうまいねと言われたからです。おきゃくさんがいっぱいきてくれる店にしたいです。すぐに作れるようにしたいです。
小学4年生 「将来の夢」
私は日本で生まれてよかったと思います。なぜなら日本以外の国でまずしく生活している子どもたちがたくさんいます。私たちはごはんをふつうに食べられますがまずしい子どもたちは、お金少なく一口だけがごはんです。教会でのけんきんもその子どもたちへあげるお金です。みなさんが洋服屋さんへ行くと洋服リサイクルというものもやっています。私たちが日本にいる事はめぐまれていると思います。
小学4年生 「日本と私」

寮で過ごした時間で学んだ事を3つ書こうと思います。一つ目は家事です。二つ目は人との関わりです。三つ目は先の事を考える力です。この三つは寮を出た後にとても大切な事だと思っています。なので学ばせてもらったことを感謝しています。寮を出たら色々な壁があると思いますが自分なりに頑張っていきたいです。そして今まで育ててくれてありがとうとても感謝しています。
高校3年生「大切な事」

私の将来の夢はウェディングプランナーです。理由はきっとたくさんの人を幸せにすることができ、自分も幸せな気持ちになれてとても良い仕事だなと思ったからです。もしこの仕事につくことができたとしたら、準備をしっかり整えて一生忘れないような結婚式を作りたいです。そのためには専門学校に行き、しっかりと学習して自分の夢をかなえたいと思います。
中学1年生 「将来の夢」
TOPへ戻る